Top > ヤタガラス

ヤタガラス

山代温泉は三つの泉質を持ち足湯や飲湯、宿泊や日帰り入浴で温泉を堪能することが出来ます。山代温泉の名前を聞いたことがないという人もいるかもしれませんが、山代温泉はあいうえおの五十音と、ヤタガラス縁の地として知られている温泉地です。ヤタガラスは日本書記や古事記にも登場する伝説の三本足の霊長で、日本サッカー協会のシンボルマークにも使用されています。

山代温泉にはヤタガラス伝説というのが残っています。725年に行基という名の高僧が霊峰白山へ修行に向かう途中、一匹の烏が羽の傷を癒している水たまりを見付けました。この水たまりが現在の山代温泉として語り継がれているのです。また、山代温泉には国宝・重要文化財である供養塔があります。行基菩薩に由来する薬王院温泉寺が、やがて明覚上人による七堂伽藍の建立でさらなる盛栄を迎えました。

現在も境内にある供養塔には明覚上人が奉られていますが、明覚上人は五十音図の創始者と言われており、山代温泉と深いか関わり合いがあるのです。山代温泉は魅力の多い温泉地であり、古くからたくさんの偉人達が足を運んだ場所でもあります。温泉に浸かるだけではなく偉人達の足跡を辿りながら古き良き時代を懐かしんでみるのもいいかもしれません。

1565年には傷を負った明智光秀が湯治のために山代温泉を訪れ、10日間ほど滞在した記録も残されています。与謝野晶子も山代温泉を愛し、山代温泉について詠んだ句も残されています。食と陶芸の世界で有名な北大路呂魯山人も山代温泉を訪れ、縁の地としてギャラリーなども設けられています。芸術に浸り歴史を振り返り、温泉で疲れを癒せる山代温泉は一度は足を運んでもらいたい場所でもあります。

 

 今こそ株の買い時だ!  思春期のにきび  マザーガーデンの魅力
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
山代温泉の歴史(2009年7月 2日)
山代温泉の見どころ(2009年7月 2日)
山代温泉華やぎの城山下家(2009年7月 2日)
山代温泉の効能(2009年7月 2日)
ヤタガラス(2009年7月 2日)